駐妻ってどんな感じ? #ジブリで伝える駐妻の現実 で学ぶ駐在妻の実態

海外生活

2019年の4月ごろ、Twitterで流行した #ジブリで伝える駐妻の現実というタグをご存じでしょうか?

叩かれたり疎まれたりと、あまり良いイメージのない『駐妻』という言葉。
色々な制約や、面倒な人間関係がありながらも
自分たちの現実を皮肉とユーモアを交えて表現されていて、
全米ならぬ全私が笑って共感した秀逸なつぶやきたちを、5か国移住した私が
勝手ながら紹介させていただこうと思います。

プレ駐妻の方は、是非ツイートを見て、未来の生活をイメージしてみてください。
すでに駐妻の方は、色んな国に散らばる同志たちのつぶやきに共感の嵐だと思います。

THE 駐妻の世界!『マジで震える…先輩駐妻』

大丈夫!常識的な人は沢山います『優しい先輩駐妻』

ドキドキワクワク『移動したての時期』

何なのこの国!『現地でのトラブル』

移住3か月目の試練『日本に帰りたい病』

まじめに勉強しとけばよかった…『駐妻の英語問題』

実は多数派。『引きこもり駐妻』

待ち遠しい!『日本への一時帰国』

わかってたよ。この日が来ることは…。『本帰国という現実』

いかがでしたか?
何回見ても笑えるし、
引きこもりでコミュ障の私は「まさにこれ私!」が沢山ありすぎで、元気をくれるツイートばかり!

性格も国も立場も状況も皆さん違いますが、『駐妻』という特別な期間を、
楽しみ、落ち込み、笑いながら過ごしていきたいですね。

Twitterの投稿を引用させていただいた皆さま、元気を分けてくださってありがとうございました。
ツイートの引用はTwitterの利用規則に沿ってさせていただきましたが、削除をご希望される方、
不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからご連絡いただけると幸いです。

ここまで見てくださってありがとうございました。
紹介できていない秀逸なツイートもまだまだ沢山ありますので、Twitterでチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました