駐妻が鬱になる原因を挙げてみる

海外生活

こんにちは。駐妻歴6年、移住国5ヵ国目のMarikaです。
海外生活も6年目に入り、日本よりも海外が好き!
と思っているブログ主ですが、定期的に鬱っぽい症状が訪れます。

このページを訪問してくれた方は、私と同じように、

「やる気が起きない。」
「原因はわからないけど気分が落ち込みがち。」
「もういや!日本に帰りたい!!」


そう思われているかもしれません。

色んな性格、タイプの人がいるし、それぞれ違った悩みを抱えているので、
ぴったり当てはまるかはわかりませんが、このブログを読んで、
「私だけが悩んでるわけではないんだ。」
と安心してもらえたり、
「こんな風な対処の仕方もあるんだ。」
と参考にしてもらえると嬉しいです。

まずは簡単な自己紹介から。
海外生活歴6年、移住国は5か国目のMarikaです。
30代前半、子無しで配偶者と二人で過ごしています。
人見知りで、引きこもり。あまり社交的なタイプではありません。

駐妻が鬱になる原因


私が思う、駐在妻が鬱っぽくなる原因を挙げていきます。

文化の違いでストレスが地味にたまる


移住2か月ごろからジワジワとたまっていきます。

・時間通りに来てくれない
・仕事が適当
・店員さんが不愛想。

自分が当たり前だと思っていることが、異国の地では当たり前ではなく、ここは日本じゃないと
わかっているけど、小さいチリのような「イラっ」や「モヤっ」がたまっていきます。

この手のイライラのたちが悪いところは、「小さなチリのような」ものであること。
(自分が小さい人間だと思われそうだから)誰かに愚痴れず、
自分の中で消化出来たようで出来ていない。
慣れてしまえばさほど気にならなくなるし、文化を受け入れ、
不毛な期待をしないようになるので良いのですが、私は慣れるまでストレスでした。

意思疎通が出来ないストレス


言葉が話せないこと、簡単なひと言が伝えられないもどかしさ、くやしさ。
母国語であれば息をするように行っていた会話のキャッチボールも、慣れない言語だと全くできない…。
小学生程のボキャブラリーしかない、一人の大人として会話ができない自分に劣等感を感じてしまう。
そして、面倒くさそうな顔をされたり、馬鹿にされたように感じると、
どんどん人と話すことが億劫になり、外に出る気もなくなってしまう。
引き籠り妻の爆誕です。

仕事ができずアイデンティティクライシス


今まで仕事をしていた時間が全て自分の自由時間なので、最初は超ハッピー!
生活のあれこれを整えて、話題のレストランや観光地を訪れ、
料理も手抜きせず頑張り、やりたかった勉強や趣味に好きなだけ時間が使える!
何とも羨ましい環境なのですが、悲しいことに、このハッピーはずっと続かないんですね…。

特に、仕事をバリバリしていた女性が駐妻になると、そのうち生活に物足りなさを感じます。
毎日大量に届いていた仕事のメールが届かなくなり、最初はストレスフリーだったのに、
自分がいなくても世界が回っている事実に直面し、


「あれ?私って必要ない?」
「私、何か価値のあるものを創造してる?」
「皆が働いているのに私は自由にしていて後ろめたい…」


元同僚や日本の友人のSNSを見て、
みんな、やりがいがある仕事をしてキラキラしているのに私は、、、と焦ってしまう。
名刺がなくなり、肩書がなくなり、○○さんの奥様と呼ばれるようになった。
理解した上で来たはずなのに、
仕事をしていないことへの後ろめたさ
旦那さんが稼いだお金を使う、貯金を切り崩して生活する、何とも言えない不安
帰国後職は見つかるのか?
そもそもブランクがあるのに(転職市場的に&自分が精神的に)働ける?

という不安にまで発展していき、それは焦りとなっていきます。

狭く特殊な人間関係


これまた駐妻の悩みの種である(?)他の駐在員の奥様方とのお付き合いの悩み。
5か国に移住してみて、国によって日本人コミュニティーの在り方は違うことを実感しているのですが
(日本人が少ない、学区が限られている場所は、どうしても日本人が固ることになり、異様なコミュニティーになっていました)
多かれ少なかれ、どこに住んでもこの手の悩みはあるように思います。

ムラ社会のような狭い世界で生き、噂話や妬みやっかみ。
旦那さんの職業や役職で決まる上下関係に、
先輩駐妻さんへの気遣い、誕生日パーティー、お茶会強制参加など
非社交的な駐妻が消耗してしまう環境&集まりを挙げだすときりがありません。

そして、人間関係に関してコミュニティ内の誰かに相談したら、どこから漏れるかわかないので
うかつに口に出すことも出来ず。世間話しかしていないはずなのに、なぜかどっと疲れてしまう
皆、忙しくないことはわかっているので、毎回お誘いを断るのも気が引ける…。
旦那さんの立場もあるので、自分がしたいようにも出来ず、
悶々とした気持ちのままお付き合いを続ける…
なんてことがあったりなかったり。

「割り切って人付き合いができない自分は人として未熟なの?」
「私には、付き合う人を選ぶ自由もないの?」
「外国に来て日本人との付き合い方に悩まないといけないの?」

と、どこにぶつければ良いのかわからないモヤモヤが溜まっていきます。

孤独


そして、孤独感を感じるようになるんですね。
自分がいなくても回っていく日本社会。
自分がいない場所で行われる飲み会や家族の集まり…。

夫や日本の家族、日本の友達といつでも話はできるし、メッセージを送れます。
が、旦那さんは異国の地で慣れない人たちと仕事をし
信頼関係を作ったり、言葉を覚えたりと忙しそう。

一度や二度なら気軽に出来た友人や家族への相談や愚痴も、

「あまり心配させたくない」
「はたから見ると、贅沢な悩みだから相談しづらい」
「同じ境遇ではないから、辛さがわかってもらいにくい」

と、時間が経つにつれて、なんとなく連絡するのがはばかられるようになります。
幸運に恵まれて、現地で気の合う友達が出来れば良いのですが、
出来ない場合、どんどん一人で考え込む時間が増え、マイナス思考になっていってしまいます。

と、ここまでは私が思う&私が駐妻中に鬱ぽくなった原因を挙げていきました。

次の記事では、鬱っぽくなった時、やる気が起きないときの対処法をご紹介します。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました