【初心者向け】おススメのキリスト教関連本5冊

海外生活


「キリスト教徒になる予定はないのだけど、教養として知っておきたい」
「キリスト教の人が沢山いる国に住むので、キリスト教に関して勉強したい」
映画を見て、小説を読んで、「宗教について知識があれば楽しめるのに。」

と思ったことはありませんか?

今日は、

聖書を手に取ってみたけど、頭に入ってこなくて断念した。

初心者に向けて書かれた、キリスト教を楽しく学べる本はないかな~。

とにかく、ザックリでよいから、基礎的なところを抑えたい。



という人向けに、キリスト教入門書をご紹介します。

よくわかるキリスト教 土井かおる 著

よくわかるキリスト教 | 土井 かおる |本 | 通販 | Amazon
Amazonで土井 かおるのよくわかるキリスト教。アマゾンならポイント還元本が多数。土井 かおる作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またよくわかるキリスト教もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

内容に偏りがなく、基礎的な知識が網羅されているキリスト教入門本です。
カテゴリで見やすく区切ってあるので、
「えっとプロテスタントとカトリックの違いは…なんでしたでしょうか?」
というレベルの読者(私)はパッと確認ができて助かります。
旧約聖書、新約聖書の簡単な解説
どのように迫害されていたか、発展してきたかという歴史
宗派と教派の説明(これ本当に助かる。)
キリスト教は現代社会をどうとらえているのか?
(進化論、人工中絶、同性愛、戦争)など、
直接信者に聞くのを躊躇うような素朴な疑問についても触れられていて、
入門書にもってこい!な本です。

上馬キリスト協会の世界一ゆるい聖書入門 上馬キリスト教会 著

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門 (講談社の実用BOOK) | 上馬キリスト教会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで上馬キリスト教会の上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門 (講談社の実用BOOK)。アマゾンならポイント還元本が多数。上馬キリスト教会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門 (講談社の実用BOOK)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この本は、『ゆるく、ざっくりと』キリスト教に『親しんでもらう』ことを
コンセプトにして書かれた本です。
「ちゃんと理解するためには、もっとまじめな本を読んでください。」
と、冒頭に書かれてある通り、ゆるいです。
書いているのは神父でも牧師でもない、ただの信徒です。平信徒です。
(と、ご本人が書いています。私がディスっているわけではありません。)
Twitterフォロワー数7万人越えの大人気アカウント
上馬キリスト教会の『中の人』が
笑いながら聖書にしたしんでもらうというコンセプトのもとキリスト教を紹介しているのでとにかく面白いです。
Twitterアカウントもあるので、是非チェックしてみてください。
『こんなにふざけてて大丈夫なの?』と心配になるぐらいゆるいです。

旧約聖書を知っていますか/新約聖書を知っていますか 阿刀田高 著

Amazon.co.jp: 旧約聖書を知っていますか(新潮文庫) eBook : 阿刀田高: 本
Amazon.co.jp: 旧約聖書を知っていますか(新潮文庫) eBook : 阿刀田高: 本
Amazon.co.jp: 新約聖書を知っていますか(新潮文庫) eBook : 阿刀田高: 本
Amazon.co.jp: 新約聖書を知っていますか(新潮文庫) eBook : 阿刀田高: 本

コーランやギリシャ神話、源氏物語、シェイクスピアなど、
読んでみたいけど躊躇するような難解な本を丁寧に解説してくれる
阿刀田先生の『知っていますか』シリーズ。
読んでみたけど、何が書いているかちんぷんかんぷん!
という読者(私)向けに分かり易く解説してくれています。
信仰を持たない著者による聖書についてのエッセイで、ユーモアを交えながら解説してくれるので、楽しく勉強できる2冊です。

仁義なきキリスト教史 架神恭介 著

仁義なきキリスト教史 (ちくま文庫) | 架神恭介 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで架神恭介の仁義なきキリスト教史 (ちくま文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。


こちらは尖ったキリスト教関連書です。
キリスト教の歴史と聖書に出てくるキリスト教徒たちをヤクザに置き換えて書かれてあります。
セリフは全部広島弁(著者が広島出身)で、
「おやっさん、おやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ~!」
「ヤハウェ大親分、ワシを助けてつかっさいやァ、アーメン!」


全セリフこんな調子の破天荒極まりない本。
堅苦しくて難しい本はどうも苦手で…という方にお勧めです。

異文化、異なる宗教を信仰している土地に住むと、
「なぜ、彼らはこんな風に考えるんだろう?」
「なぜ、彼らはこんなことをするのだろう?」
と疑問に思うことはありませんか?
同じものを信じられなくても、少しその世界をのぞいてみることで、その人たちへの理解が深まり、世界が広がります。

気になる本があれば、是非読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました